居抜き店舗を活用!

居抜き物件を活用して、低コストでの開業を本気でお考えの方限定!
まずは、ご希望条件をお聞かせください。居抜き店舗を活用して店舗をオープンしてみませんか!?

店舗デザイン例写真

居抜き物件とは…

「居抜き物件」とは、店舗の内装や主要設備(天井・床・壁・厨房・お手洗など)が残っている物件のことです。 居抜き店舗ともいい、不動産会社の物件情報では「造作譲渡」「内装付き」などの文言が入っています。
居抜き物件の態様はさまざまで、簡単な改装工事だけで すぐにオープンできるようなものもあれば、「厨房設備の一部しか残っていない」とか「壁、床、天井だけはある」といった場合もあります。
内装・設備については、有償または無償で譲渡してもらいます。リーズナブルな料金でまとめて買い取るのが一般的であり、無償で譲ってもらえるケースはそれほど多くありません。

店舗物件の多くはスケルトン渡し

店舗物件の多くは「スケルトン渡し」+「原状回復」の契約です。 つまり、入居時は天井・床・壁がない建物の躯体のみの状態で借り受け、退去の際には自ら工事した内装などを壊し入居時のまっさらな状態に戻して返さなければなりません。
しかし、前テナントの内装が残っているのであれば、わざわざ壊すのはもったいないですし、活用しない手はありません。その厨房や電気、空調設備などを流用することで、 低コストでの開業 を実現できます。一方、撤退する側としても原状回復の費用を節約できるメリットがあり、内装・設備の流用は両者にとって有益といえます。

居抜き店舗

『居抜き物件』利用のメリットとは?

(1) 店舗の工事費用を比較的安く抑えることができる。
  = 初期投資を通常より抑えられる → 銀行等からの借入金が少なくて済む → 投下資金を早期に回収できる
(2) 短期間でオープンさせることができる。
(3) その前に営業していた店舗の顧客を取り込める可能性がある。

『居抜き物件』利用のデメリット

(1) ほかの事業者の店舗をベースに改装することになるため、内装やレイアウトはあまり融通が利かない。
(2) 建物や設備の老朽化により、思いのほか費用がかかる場合がある。
(3) それまでに営業していた店舗のイメージや評判を悪い意味で引きずってしまうことも。

居抜き物件の有効活用を!

以上のように、居抜き物件は開業される方の状況に応じて、メリットが多かったり、デメリットが多かったりします。 また、居抜き物件の多くが経営不振から生まれている実情もあります。 いくらコストを圧縮・削減しても、綿密な経営戦略なくして「居抜き物件」を生かすことは難しいといえるでしょう。
―どういう形で再生するのか。
居抜き物件を有効に活用するポイントはここにあります。

店舗デザイン・施工ならお任せください!あなたらしい開業をサポートします!

未公開居抜き物件のお問い合わせ・施工お見積りはお気軽にどうぞ! 0422-60-3631